帯状疱疹とは?

帯状疱疹は、水ぼうそう(水痘)に罹ったことのある人や、水ぼうそう(水痘)ワクチンを接種した人に起こる皮膚および粘膜の小水疱、紅斑、び爛、潰瘍などの病変を主徴とする病気です。つまり、水ぼうそうと帯状疱疹の原因ウイルスは同じもので、水痘-帯状疱疹ウイルスと呼ばれています。単純ヘルペスとは原因ウイルスが異なります。大半の患者さんが、神経の支配領域に一致して、しかも左右のどちらかに水ぶくれや赤みが認められ、神経痛様の痛みを伴うことが特徴です。

帯状疱疹の診断と治癒

典型例では診断は容易ですが、痛みのみがあり、はっきりとした赤みや水ぶくれが認められない場合ですと、診断に苦慮することもあります。概ね、3週間前後で治癒する予後良好な疾患です。

帯状疱疹の後遺症に注意

後遺症として帯状疱疹後神経痛(PHN)や運動麻痺、瘢痕などを残す場合があり、特にPHNは何年も痛みが残って大変辛い状態です。

当院の帯状疱疹の治療法

治療原則は、早期に診断して、急性期の疼痛を緩和し、皮疹収斂を促進するとともに、早期に抗ウイルス剤を使用し帯状疱疹後神経痛(PHN)などの後遺症を残さないよう努めることです。診断がつき次第、抗ウイルス剤の使用を開始しますが、10~20歳代の患者さんですと、帯状疱疹後神経痛(PHN)などの後遺症は残りにくいことから、疼痛や皮膚症状の軽い場合には、必ずしも抗ウイルス剤の使用は必要でないこともあります。

漢方薬と非ステロイド性消炎鎮痛剤

漢方薬は、水疱のひどい急性期や帯状疱疹後神経痛やその予防目的で用います。急性期の帯状疱疹の疼痛に対しては、非ステロイド性消炎鎮痛剤の投与が一般的で、しかも速効性がありますが、高齢者の場合、帯状疱疹局所の熱を過度に除去することを避けた方が良いこともありますし、抗ウイルス剤と消炎鎮痛剤の併用により腎臓を痛める場合もあることで、注意が必要でしょう

低出力レーザー

当院では、低出力レーザーを鎮痛、鎮痒を目的に各種疾患に用いており、帯状疱疹の疼痛軽減の目的でも使用して効果をあげております。

はじめて当院へ受診される方へ

当クリニックは、治りにくい皮膚病やアレルギーの病気の患者さんに、「西洋医学的治療」だけではなく、医療用の漢方エキスや生薬を用いた「東洋医学的治療」を行っております。 そのため、多種類の薬剤を調剤する関係上、会計での待ち時間が長くなることがありますので、ご理解頂けますようお願い申し上げます。 尚、診療の受付時間からは、特に以下の時間帯の待ち時間が長くなる傾向がございますので、できれば、以下の時間帯以外での受診をご考慮お願いします。

■平日 12:00 ~ 12:30 / 18:30 ~ 19:00 ■土曜日 13:00 ~ 13:30
混雑予想はこちら

三田皮フ科クリニック

愛知県豊明市阿野町滑1-1

0562-97-8861

診療時間

診察時間月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日土曜日日曜日・祝日
9:00~12:30××
16:00~19:00×××

△土曜日は9:00~13:30までとなります。